そろそろ"あなた専属"のアドバイザー欲しくないですか?

脂肪と“食後の睡魔”の関係 - 身体に任せる -

脂肪と“食後の睡魔”の関係 - 身体に任せる -

食後の睡魔は
脂肪生成量のバローメータです!

「食べると眠くなる」

  • 量の問題だったり
  • 食材の問題だったり

ヒトそれぞれ捉え方は違っても

「食べると眠くなる」
と感じるカタ
多いのではないでしょうか
(*∩ω∩)

コレ
お食事の最初に生野菜を食べると
かなり軽減されます♡

眠たくなる理由は疲れるから

それを生野菜を先に入れる事で

  • 作業効率を安定させる
  • 消化を助ける

と回避できますよ♪

作業効率を安定させる

食物繊維が網を張ることになり
消化作業へ"網から外す"がプラスされます
ゆっくり次の作業場まで送りだせ

消化の次"身体へ摂り入れる作業"が
ゆっくり時間を使い
丁寧に確実に作業が出来る

そのため
急激に作業スピードを あげる必要がない
ゆっくり作業できるから
必要な場所へ必要な量 届け易くなる

作業スピードが追いつかないと
「取り敢えず脂肪で待ってて♪」
と廻されるのです

消化を助ける

大人の代謝量では
身体が消化を始めてしまうと
他へ廻させる代謝が残らず

ギリギリで生きてて疲れる…
限界の身体が休もう!睡眠を♡
となるワケです(汗)

ところが
生野菜を摂りいれてあると
消化を助けてくれて 代謝が残るため
フツーに日常を
何事もなかったように過ごせるのです
(*∩ω∩)

代謝が残らないって事は
代謝が落ちてる
「脂肪がつきやすい」って事です

だから
食後の睡魔は
脂肪生成量のバローメータです

生野菜を増やしても
眠くなるカタは
白米を玄米へ変えてくださいね♡

生野菜なくても良いほど
フツーに日常を送っちゃってますよ
(*^▽^*)

a:30 t:2 y:0

コメント


認証コード2419

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional