そろそろ"あなた専属"のアドバイザー欲しくないですか?

栄養となる“権利”が生まれる食べカタ - 身体に任せる -

栄養となる“権利”が生まれる食べカタ - 身体に任せる -

 

消化が出来ない・難しい

「じゃお粥♪」

「じゃ麺(粉)♪」

 

消化をよくする

「なら 潰す♪」

「なら 柔らかく♪」

 

 

image

 

うぐっ…

 


まずは

お借りしたコレ読んでみて~

 
 

消化には

物理的な噛む・砕くだけではないの

 

 

消化液で

分子レベルまで分解されて

分子レベルまで小さくなった時に

身体の栄養となる権利が生まれるの♡

 

ただサイズの問題じゃないの

化学的・分子の問題!

 

 

 

だから

- どれだけドロドロにしても

- どれだけ粉(麺)に砕いてあっても

身体に"摂りこまれる栄養"に なれる

は限らない…

 

 

 

分子レベルで分解できるのは消化液!!

唾液・胃液・胆汁…

 

 

 

消化液の殆どは

私達の意識で

- 増やしたり・減らしたり

- 濃くしたり・薄くしたり

- 活用したり・送り出したり

出来るモノではないでしょ!?

 

 

 

 

唯一

消化液を意識で

増して活用 出来るのが

 

唾液♡

 

噛めば噛むほど唾液は出るよね!?

 

 

 

あっっ

唾液が出にくい時は

もっと根本からの話…(汗)

ひとまず コチラをご覧ください

なのに

- ドロドロにしちゃったら

- 粉(麺)に砕いちゃってたら

唾液が出る前に飲み込んじゃう

 

噛んだとしても

フツーの食材を噛むより少なくなっちゃう汗

 

 

 

ラクとか 便利とか 時短とか

 

アレンジってさ

工夫ってさ

 

やっぱり

ワク・基本を抑えて"から"のモノでしょ!?

 

 

 

例えば

商売って

精度が存在するのは当然でしょ!?

 

トレーナーなら

トレーニングメニューを知ってて

身体を変えるって事は当然

 

そこに

ウリ(個性)があるかないか♪

 

 

なのに

トレーニングメニューもほぼ知らずに

身体に興味なくて

お客様の変化にも興味がない…

 

でも♪

楽しいイベントは豊富

個性的なトレーナーさん

 

 

もしっ

この方に お金を出すとするなら

もうコレ

"トレーニング"ではないよね!?

 

なんだろ

お茶会!?面談!?セミナー!?

 

違うモノは得られるかもだけど

トレーニングの効果は全くないよね

 

 

 

だから…

 

 

 

消化液が出ない・使えない お食事は もう

お食事ではない!!

 

ただ口に入れるだけの行為・動作でしかない

 

"食べる"と"摂る"は違う!!

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの"お食事"と呼んでいるものは

食べてる!?摂ってる!?

 

 

コチラも続きで どうぞ

〔 病には どんな食事が必要なのか 〕 

 

 

 

 

コメント


認証コード2394

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional